PyCharmの起動と環境設定

PyCharmを起動して各種設定をした時の備忘録です。

環境:Anaconda3
Pycharm:2019.3
Windows10 64bit
スポンサーリンク
スポンサーリンク

PyCharm起動

WindowsのスタートメニューからJetBrains PyCharm Community Edition を起動します。

最初は何もインポートするものがないので、

『Do not import setings 』のまま『 OK』 をクリックします。

次にプライバシーポリシーに同意するのでチェックを入れて『Continue』をクリックします。

使用したいテーマをクリックして
今回は、デフォルトを設定するので、Skip Remaining and Set Defaults』
をクリックします。

ダークが好みの場合はこちら↓ 後でテーマの変更は可能です。

するとPyCharmが起動して以下の画面になりますので、『 Create New Project 』 をクリックします。

新規プロジェクト名の作成とinterpreterの設定

①プロジェクト名を入力して
例: C:\Users\chiraura\PycharmProjects\pyhon_test と私はしました。

②▶ボタンを押してinterpreterの設定をします

次に
Existing interpreter にチェックが入っているのを確認

②Interpreter にPython3.7が表示されていればOK

もし 表示されていなければ、

③の…をクリックして次へ進みます。

すると以下のような画面が表示されますので

①System Interpreter > ②…をクリック  ③C > Users > chiraura > Anaconda3 > Tools > python.exe をクリックして ④『OK』をクリックします。

※Anacondaをインストールした場所を選択する。

すると以下の画像のようにInterpreterに Anaconda が表示されますのでOKをクリックします。

次に『Create』をクリックして Interpreter の設定は完了です。

Pythonファイルの新規作成

Python_test を右クリック > New > Python File の順にクリックします。

今回は、sanple という名前のPythonファイルを作成しました。
拡張子は PyCharm が自動でつけてくれるので必要ありません。

スクリプトの環境設定

RUN > Edit Configurations の順に選択します。

+ を押して Python を選択します。

次に以下の図のように

①Name:start などと名前を入れて

②Script path:の右にあるフォルダをクリックして、今作ったsanple.pyを選んでOKをクリックする。
例 C:\Users\ユーザー名:PycharmProjects\Python_test\sanple.py

③Python interpreter:にAnaconda3入っているのを確認する

Appry

OK

すると右上の(run)とデバックが実行可能になります。

TerminalかコマンドプロンプトでPythonが使用できているか確認する

Pycharm下にあるTerminalをクリックし、Python と 入力して、パスが通っているか確認します。コマンドプロンプトでもOK

以下のようにエラーがでていたら環境変数にパスを通します。

C:Users\chirausa\PycharmProjects\PythonProjects\Python
'python' is not recognized as an internalor external command,
operable program or batch file.

環境変数の設定

Windowsのロゴ > windowsシステムツール > コントロールパネル > システムとセキユリティ > システム >システムの詳細設定 > 環境変数 の順に押します。

①-②新規でAnacondaでインストールしたwindowsのパスを入れる

例:C:\Users\chiraura\Anaconda3

①-③新規でスクリプトのパスも通して④OKを押す

例:C:\Users\chiraura\Anaconda3\Scripts

次にPycharm の Terminal から もう一度 Pythonと入力して以下のように

>>>が表示されていればOKです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク