WordPressテーマSimplicity2でアコーディオンがやっと表示できました!

WordPressのテーマはSimplicity2をしています。

FontAwesomeのアイコンを使ったアコーディオンを表示したくて試行錯誤の結果やっと表示できましたので覚書です。

作成したのは、一種類ですが、以下のHTMLとCSSのアコーディオンです。

SimplicityはFontAwesomeのアイコンを表示するためのものを始めから組み込まれているので、HTMLとCSSの他には必要ありませんでした。


複数表示したい場合は、input id=”acd-1とlabel for=”acd-1の数字を2より大きい数値に書き換えればOKです。

<div class="acd-box"><input id="acd-1" type="checkbox" />
<label for="acd-1"> HTMLコード </label>
<div class="acd-small">

ここにテキストを書く

</div>
</div>

.acd-box{
width: auto;
margin: 0px 20px 5px;	
}

.acd-box label{
width: auto;
font-size: 18px;
font-weight: bold;
text-align: none;
background: #f7f7f7;
border-left: solid 6px #ff7c5c;
margin: auto;
line-height: 50px;
position: relative;
display: inline-block;
height: 50px;
border-radius: 5px;
color: #ff7c5c;
transition: all 0.5s;
box-shadow: 0px 2px 2px rgba(0, 0, 0, 0.29);
padding: 0em 1.0em;	
}

.acd-box label:hover{
background: #efefef;
-webkit-transition: all .3s;
transition: all .3s;
}

.acd-box input{
display: none;
}

.acd-box label:before{
color: #ff7c5c;
font-family:"FontAwesome";
content:" \f067";
}

.acd-box input:checked ~ label::before {
color: #ff7c5c;
font-family:"FontAwesome";
content:" \f068";
}

.acd-box div{
height: 0px;
padding: 0px 0px;
overflow: hidden;
opacity: 0;
transition: 0.5s;
}

.acd-box input:checked ~ div{
height: auto;
padding: 10px 10px;
background: #fff9f7;
opacity: 1;
}

.acd-box div p{
color: #000;
line-height: 20px;
font-size: 16px;
padding: 10px;
}

.acd-small p{
	margin: 0px;
}

マイツールでオートプログラムを作成する際おさえておきたい変数と定数の使い方

マイツール のみでなく どの言語でも必須となるのが変数や定数ですね。マイツールにもオートプログラムの作成には必須となるのが定数や変数です。その他マイツールには、命令によって自動で代入される独特の特殊変数もありますのでこれは便利なので凄いですね。今回は、自動で代入される特殊変数などの一覧や、マイツールでプログラム組み始めた際に、当初躓いた個所などをまとめてみました。マイツールでまだ変数など使ったことがない人にも解りやすいように心がけてまとめてみましたので参考になさってください。

Python3.7予約語またはkeyword一覧と組み込み関数取得・確認方法

予約語、または Python 言語における キーワード (keyword) として使われ、通常の識別子(変数名・関数名・クラス名)として使うことはできない字句です。予約語そのものは35と少ないのですが、Pythonには組み込み関数などがありこの関数も変数の使用は避けたい字句です。その一覧とPycharmでの便利な閲覧方法など取得方法です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PyCharmの起動と環境設定

PyCharmを起動して各種設定をした時の備忘録です。環境:Anaconda3 Pycharm:2019.3 Windows10 64bit WindowsのスタートメニューからJetBrains PyCharm Community Edition を起動します。 最初は何もインポートするものがないので、『Do not import setings 』のまま『OK』 をクリックします。次にプライバシーポリシーに同意するのでチェックを入れて『Continue』をクリックします。

Anaconda3・Python3.7にインストールされているパッケージ一覧(Windows用)

PythonのインストールするのにはAnacondaが便利?『AnacondaをインストールするとPythonと一緒に豊富な外部ライブラリが一緒にインストールされる』と耳にします。どの様なライブラリがインストールされたのか気になったので調べて日本語に翻訳したものをメモにしています。※Anaconda 2109.10にインストールされていたのは全部で277でした。

Windows10にPycharm-community-2019.3をインストール

前回はAnaconda3からPython3.7をインストールしました。初めてインストールする方でもわかりやすいように心がけて記載しています。 まだインストールされていない方は、こちらから↓ https://wpchiraura.xyz/install-python-with-anaconda/それでは、PythonのIDE Pycharm communityをインストールします。

マイツールforWindowsV1の旧データをフリーウェアで読み込んでみました

昔使っていたマイツールのテータがあるがどうやって開けばいいか?という問い合わせがありましたので、以前私がWindows2000で使用していたMyToolforWidowsのデータをWindows10のフリーウェアから読み込んでみました。今回は、始めてマイツールを使用する方でもわかりやすいように心がけて画像を多く取り込んで作成しています。マイツール初心者のみなさんも是非チャレンジしてみてください。

Visual Studio2017デバックなしで開始をすると”コード0を伴って終了しました。”と表示された時の対処方法

C:\Users\sourse\repos\sanple_proj\Debug\sanple_proj.exe (プロセス 11812)は、コード0を伴って終了しました。 このウィンドウを閉じるには、任意のキーを押してください…と表示されました。 MAMPをアンインストールしても解消されなかったので、ツール→オプションの全般から【デバッグの停止時には自動的にコンソールを閉じる】にチェックを入れて解消

スポンサーリンク
スポンサーリンク