MySQL 条件分岐 case

MySQLでは条件分岐に case式を使います。皆さんがよく使われているExcel・c言語では条件分岐にif文が使用されます。MySQL条件分岐case式の構文と条件分岐でランク分けするサンプルやnullを0に置き換えるサンプルを使って説明してまます。case  when x >= 10 then 'A'   when x >= 5 then 'B'  else 'C' end

MySQL サブクエリ スカラ・サブクエリの使い方

ある問い合わせの結果に基づいて、異なる問い合わせを行う仕組みで、複雑な問い合わせができます。 where句の中で使うことが多いですが、where句以外にも、select句、from句、having句など様々な場所で利用できます。 サブクエリを使うと日々の業務改善のデータ分析に役立つデータがデータベースから直接SQLで取り出せます。

MySQL ビュー作成・削除

MySQLのビューとは・ビューとテーブルの違い・ビューの制限事項・ビューのメリット、デメリット・ビューの作成・ビューの削除方法について説明しています。 ビユーを作成するには、create view 削除するにはdrop view文を使用します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

MySQL 1つの列に紐づく複数のカテゴリの結合

今回は、1つの列に紐づく複数のカテゴリの結合をします。商品ID:1のカテゴリが2つ持つ場合、中間テーブルにはproduct_id1に対してカテゴリーidが2つ存在します。この中間テーブルを利用し、一つの商品idに紐づく情報を出力します。商品テーブル(P)・中間テーブル(pc)・カテゴリーテーブル(c)として置き換えます。

MySQL 集合演算子 unionの使い方

以下の表のデータのようにテーブル1とテーブル2の内容が違う場合に各テーブルのデータをプラスするのに union句を使用します。出力するデータを・email・姓・名・性別とした場合、ベースとなるselectの結果に、unionの後に記載したselectの結果を足し算します。union句は重複行は削除されますので削除したくない時は、union allを使用します。

MySQL 3つ以上のテーブルの結合

注文一覧に注文詳細と商品情報を一緒に出力します。注文一覧(o) ・注文詳細 (d)・商品情報 (p)←既存3つのテーブルを参照してテーブルを結合していきます。まず、inner join の構文を使って注文一覧・詳細情報・商品情報を内部結合します。次にアスタリスク「*」を消して必要な部分だけを取り出し、必要に応じ名前をつけます。

MySQL テーブルの結合

テーブル同士をある条件で結合することにより、正規化なしの状態を作り出すことで、※基本的には、正規化ですが、パフォーマンスの問題が解消できないもしくは、できなくなりそうな時、あえて非正規化することもあります。今回は、内部結合と外部結合の両方を解説します。

MySQL 集約関数の使い方

MySQL集約関数の用途・記述順序と実行順序・合計金額・平均値・最大値・最小値・対象行の行数の数え方・ユニークユーザー数の出力にgroup by句・集約結果をさらに絞り込むhaving・複数の並び替え条件を指定するordre by句などを使用して説明しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク