【java】算術演算子・インクリメント、デクリメント演算子・関係演算子・論理演算子・代入演算子

算術演算子

演算子 意味 補足
+ 加算 a + b
減算 a – b
* 乗算 a * b
/ 除算 a / b
% 剰余 a % b 割り算の余り
+ は左辺 または 右辺が文字列の場合、連結演算子として使われます。
例:
String name = “田中太郎”;
int age = 25;
String result = name + “さんの来年の年齢:” + (age + 1) + “歳です”;
System.out.println(result);

赤下線は、文字列の連結です。
左から評価されるので、(age + 1) の()を外すと251歳と表示されます。
詳細は、演算子の優先順位と統合規則をご覧ください。

インクリメント、デクリメント演算子

演算子 意味 補足
++(後置) 1を足す a++ 評価してから1足す
++(前置) ++a 1足してから評価
– – (後置) 1を引く a – – 評価してから1引く
– – (前置) – – a 1引いてから評価

関係演算子

演算子 意味
< 左辺が小さい時 true a < b
> 左辺が大きい時 true a > b
<= 左辺が右辺以下の時 true a <= b
>= 左辺が右辺以上の時 true a >= b
== 左辺と右辺が等しい時 true a == b
!= 左辺と右辺が等しくない時 true a != b

論理演算子

演算子 意味
&& 左辺・右辺共にtrueの時true (score >= 10) && result
|| 左辺・右辺のどちらか一方がtrueの時true (score >= 10) || result
! 真偽逆転 !(score >= 10)

代入演算子

演算子 意味 補足
= 右辺を左辺に代入 a = b;
+= 左辺に右辺を足した値を左辺に代入
(左辺が文字列型の場合は連結)
a += b; a= a + b;と同じ
-= 左辺に右辺を引いた値を左辺に代入 a -= b; a = a – b;と同じ
*= 左辺に右辺を掛けた値を左辺に代入 a *= b; a = a * b;と同じ
/= 左辺を右辺で割った値を左辺に代入 a /= b; a = a / b;と同じ
%= 左辺を右辺で割った剰余を左辺に代入 a %= b; a = a % b;と同じ

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術メモへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
SNSフォローボタン

フォローする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク
スポンサーリンク