Python CSVファイルからQRコード作成が6行で完成!

CSVファイルを開いて、QRコードにするまでたったの6行でできてしまいました。

環境:
windows10 64bit home 1909
anoconda3
Python3.7
私のpycharmのCSVはWindows-31J (MS932)で保存しているので、読み出しの際はencodeが必要なため、まずcsvファイルをencodeして読み書きできるようにPycharmに記載するコードを記述する必要があります。

そこで、参考にさせて頂いたのは、下記サイトです。ありがとうございました。
参考サイト:
Pythonで日本語を使う
Python標準ライブラリ_

まず、インポートするのは

import sys
import codecs
import csv
import os
import qrcode

次にCSVファイルをutf-8でencodeして読み込むには

通常CSVファイルを開く際のコードの第2引数にnewline=''と第3引数にencoding='utf-8'を追加

 

with open('csvのファイル名', newline='', encoding='utf-8') as csv_file:

次にcsv.rederメゾットで読み込み変数(reader)へ一旦代入

reader = csv.reader(csv_file)

次に文字列で読み込みをしたいのでjoinで読み込み qr_string へ文字を代入
参考サイト:[python]リストの中身を文字列に変換する

 for row in reader:
    qr_string = ','.join(row)

リスト型でよければ、以下のコードでも変換できます。

qr_string = str(row)

次にQRコードの画像データの生成をし画像ファイルとして保存すれば完了

# QRコード画像データ生成
img = qrcode.make(qr_string)
# 画像ファイルとして保存
img.save(file_name)

 


保存されるdirectoryを追加していますが参考にどうぞ

# coding: utf-8
import sys
import codecs
import csv
import os
import qrcode

# 保存するQRコードのファイル名
file_name = 'qr_code.png'
# csvファイルをutf-8にコーディングして開く
with open('test_8.csv', newline='', encoding='utf-8') as csv_file:
    # CSVファイルの読み込み
    reader = csv.reader(csv_file)
    # joinでリストから文字列へ変換
    for row in reader:
        qr_string = ','.join(row)
# QRコード画像データ生成
img = qrcode.make(qr_string)
# 画像ファイルとして保存
img.save(file_name)
# 現在のディレクトリ位置を取得
current_dir = os.getcwd()
# 終了メッセージ出力
print("「{0}\\{1}」にQRコード画像を保存しました".format(current_dir, file_name))

 


これはたったの4行でできてしまいました。

#保存するQRコードのファイル名
    # インプット入力
    print("QRコードに変換したい文字列を入力してください: ")
    # キーボードから入力させる
    qr_string = input('')
    # QRコード画像データ生成
    img = qrcode.make(qr_string)
    # 画像ファイルとして保存
    img.save(保存するファイル名)
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Python print関数の基本と便利な使い方

Python3.7のprint関数の基本的な使い方から、文字間に文字や記号を入れたい・文字列を改行したい・windowsのアドレスをそのまま表示したいけど文字にシーケンスの『\n』が含まれて上手く表示されない時など・・便利な使い方をまとめました。初心者でもわかりやすいように心がけて記載しています。

マイツールでオートプログラムを作成する際おさえておきたい変数と定数の使い方

マイツール のみでなく どの言語でも必須となるのが変数や定数ですね。マイツールにもオートプログラムの作成には必須となるのが定数や変数です。その他マイツールには、命令によって自動で代入される独特の特殊変数もありますのでこれは便利なので凄いですね。今回は、自動で代入される特殊変数などの一覧や、マイツールでプログラム組み始めた際に、当初躓いた個所などをまとめてみました。マイツールでまだ変数など使ったことがない人にも解りやすいように心がけてまとめてみましたので参考になさってください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク